2015年12月24日木曜日

厚労省調査結果、公的な婚活支援「ある程度は取り組むべき」が 最多40.0%

10月27日、厚生労働省は、「人口減少社会に関する意識調査」の結果を公表した。

この調査は、人口減少社会に関する意識の傾向を捉え、「平成27年版厚生労働白書」の作成などに当たっての資料を得ることを目的として、平成27年3月に実施したもの。全国を8ブロックに分けて、15歳から79歳までの男女3,000人対象。
子育てや親世代との同居、近所づきあいや移住などに関する質問について回答をまとめている。


【参考資料】「人口減少社会に関する意識調査」の結果を公表します |報道発表資料|厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000101729.html )

 公的な婚活支援「ある程度は取り組むべき」が 最多40.0%

「公的な婚活支援に対する意見」をヒアリングする項目では、以下のような結果となった。

「ある程度は取り組むべき」 40.0%
「最低限必要な範囲にとどめるべき」 23.6%
「積極的に取り組むべき」 19.6%
「公的な支援に取り組む必要はない」 16.8%

助成金など、公的支援を求める婚活業界にとって都合のいい調査結果だ。


 公的な婚活支援、具体的には「出会いの機会・場の提供」 71.2%

上記「公的な婚活支援に対する意見」において、「積極的に取り組むべき」「ある程度は
取り組むべき」「最小限必要な範囲にとどめるべき」のいずれかに回答した人(2,495人)は、具体的には下記のような公的な婚活支援の取り組みが必要と考えている。(質問は複数回答可としている)

「出会いの機会・場の提供」 71.2%
「出会い、交際、結婚生活など結婚に関する相談・支援や支援者の育成」 43.7%
「結婚生活・ライフデザインや異性とのコミュニケーションに関する講座・啓発」 28.4%
「結婚資金や住居に関する支援(貸付制度など)」 51.2%

婚活パーティー、街コン、お見合いパーティーまたは結婚情報サービス・結婚相談所が支持された格好だ。

なお、「出会いの機会・場の提供」 71.2%を年齢別に見ると、以下のようになっている。

<男性>
15-29才 67.4%
30-39才 70.3
40-49才 69.5
50-59才 67.4
60-79才 76.0
<女性>
15-29才 67.7%
30-39才 74.7
40-49才 64.6
50-59才 76.0
60-79才 73.7

70%以上をマーキングした。男性も女性も30代(の結婚適齢期?)と高齢者に、「出会いの機会・場の提供」が必要と考えている。


 結婚の障害となっているのは、「出会いの機会がない」「結婚する資金がない」

上記と同じ質問を複数回答ではなく、単一回答で「最も必要・重要」なものを挙げてもらうと以下のようなデータとなった。

「出会いの機会・場の提供」 47.5%
「出会い、交際、結婚生活など結婚に関する相談・支援や支援者の育成」 11.5%
「結婚生活・ライフデザインや異性とのコミュニケーションに関する講座・啓発」 6.0%
「結婚資金や住居に関する支援(貸付制度など)」 25.8%

出会いの場の必要性は複数回答と変わらずトップだが、単一回答にすると住宅資金支援の回答がより目立つ。
結婚の障害となっているのは、「出会いの機会がない」「結婚する資金がない」と考えているようだ。

2015年10月22日木曜日

パートナーエージェント、マザーズ上場承認。婚活業界上場4社の事業規模比較

9月18日、東京証券取引所は株式会社パートナーエージェントの東証マザーズ上場を承認した。上場日は、10月27日を予定。
婚活業界での上場は、ツヴァイ、IBJ、リンクバルに続き4社目。


【参考資料】プレスリリース|結婚相談所パートナーエージェントhttp://www.p-a.jp/message/release150918.html )

株式会社パートナーエージェントは、結婚情報サービス「パートナーエージェント」や非会員向け婚活パーティー「OTOCON(おとコン)」など、婚活関連事業を運営。

2006年、ブライダル事業者の株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ100%子会社として事業開始。2008年、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズより独立。最近では、千原ジュニアをイメージキャラクターとして広告展開。知名度を上げている。

2015年3月期実績、売上26億6千万円・経常利益1億3千万円。

2015年、婚活業界は上場のニュースが相次いでいる。4月、街コン事業者のリンクバルが同じくマザーズに上場した。7月、ブライダルネットやRush、PARTY☆PARTYなどを婚活事業者IBJが東証1部に市場変更した。


 婚活業界、上場4社の事業規模比較

パートナーエージェント

2015年3月期実績、売上26億6千万円・経常利益1億3千万円。

IBJとの比較

2014年12月期実績、売上33億1千万円・経常利益6億3千万円。

ツヴァイとの比較

2015年2月期実績、売上37億9千万円・経常利益2億7千万円。


リンクバルとの比較

2014年9月期実績、売上11億7千万円・経常利益1億7千万円。

2015年10月5日月曜日

ブライダル事業、婚活事業者や異業種からの参入相次ぐ

10月5日、三越伊勢丹は、プランドゥシーとブライダル事業を柱にした合弁会社を設立することを発表した。
プランドゥシーは、中堅ブライダル事業者。三越伊勢丹は、合弁会社を通してブライダル事業に参入する。

【参考資料】三越伊勢丹ホールディングスhttp://www.imhds.co.jp/ )

Plan・Do・See公式サイト
【参考資料】Plan・Do・Seehttp://www.plandosee.co.jp/ )

今年8月には、ツヴァイがイオングループとしてブライダル事業に本格参入するニュースが流れた。
今年7月には、通販大手の千趣会がブライダル大手のワタベウェディングと資本提携の発表もあった。

大手婚活事業者は、ブライダル(婚礼)関連事業を手がけるところも多い。
ブライダル事業において、婚活事業者どうしや異業種との連携にも今後注目していきたい。 

2015年10月1日木曜日

オフ会プラットフォーム「Meetup」、日本語対応。国際交流パーティーの他、男女の出会いも

10月1日、「Meetup」のwebサービスやアプリが日本語対応した。


【参考資料】仲間をみつけよう - Meetuphttp://www.meetup.com/ja/ )

「Meetup」は、世界で2300万人のユーザーを誇る、"オフ会プラットフォーム"とでも呼ぶべきサービス。地域や趣味、仕事など共通のテーマで集まる人々を支援する。
郵便番号や都市名を入力して、その近隣エリアで開催されるイベントに絞って検索できるのが特徴のひとつ。

日本からの利用者は10万人以上。在日外国人や国際交流や語学に関心のある日本人を中心にイベントが開催されている。

日本の英会話スクールや国際交流パーティー、学生サークルなど、いち早くブームにのったコミュニティの中には、すでに数千人のメンバーを抱えるところも出ている。

男女の出会いをテーマにしたコミュニティもけっこう登録されている。
「日本人男性×外国人女性」といった、外国人も対象とした出会いコミュニティはもちろん、日本人同士の出会いを目的とした飲み会、オフ会、パーティー、社会人サークルなども。

2015年8月23日日曜日

ツヴァイ、イオングループとしてブライダル事業に本格参入

8月10日、ツヴァイは、ウエディング事業「イオンウエディング」において、挙式プランの販売を発表した。60名様分を200万円でおこなうパッケージプラン。小規模・割安が特徴。
ツヴァイでの成婚カップルだけにとどまらず、一般顧客向けにも対象を拡大する。


 ツヴァイ、ブライダル業界でもトップレベルの営業体制となる可能性

イオンモール幕張新都心にある「イオンウェディング」店舗

ツヴァイは、イオンのショッピングセンターを中心に結婚に関連する相談カウンター「イオンウエディングデスク」を展開。すでに式場紹介をおこなっている。今後、挙式プランまで手がけて、ブライダル事業に本格参入する。

「くらべて.com」の「[全国]ブライダル大手の基本情報一覧比較」ページにもまとめてあるが、ブライダル業界大手でも、営業所数はやっと2桁というところも多い。

【参考資料】[全国]ブライダル大手の基本情報一覧比較http://www.kurabete.com/bridal/compare/produce.html )

現在、イオンウェディングデスクは、4店舗(イオンウエディング日比谷、イオンウエディングレイクタウン、イオンウエディング幕張新都心、イオンウエディングつくば)と提携店舗1店舗ではあるが、まだまだ拡大の余地はある。ブライダル業界でもトップレベルの営業体制にもなりえる。


 ツヴァイの定額マリッジ、小規模・低予算の挙式トレンドに対応

「スマ婚」「楽婚」など、格安の挙式サービスを選択するカップルも増えている。
60名様分を200万円でおこなうパッケージプランは、こうした小規模・低予算の挙式トレンドに対応したものだ。

サービス名称は「定額マリッジ」。


格安の挙式サービスのほとんどは、総額150~200万円程度の結婚式を想定して、ご祝儀をアテにして初期費用を抑えたプラン。挙式に際して、手元資金は少なくてすむが、オプションを追加していくと総額が上がる不安があった。

定額マリッジは、選べる挙式スタイル、花嫁のお色直し、お料理もお花も、プロカメラマンの撮影も、挙式に必要なものを定額でフルパッケージ。格安挙式サービスとはまた違った方法で、小規模・低予算の挙式トレンドに対応した。

参考まで、「くらべて.com」の「格安 結婚式 ブライダルプロデュース一覧」ページを以下に。これから結婚する二人には、自分たちにあったプランを探して欲しい。


2015年7月27日月曜日

えっ、また新業界団体?結婚相手紹介サービス業の新業界団体「日本結婚相手紹介サービス協議会」発足

7月27日、結婚相手紹介サービス業の新業界団体が発足した。


【参考資料】JMIC 日本結婚相手紹介サービス協議会http://www.jmic.gr.jp/ )

名称は「日本結婚相手紹介サービス協議会(通称JMIC [ジェイミック])」。
理事長は、株式会社ツヴァイの代表取締役。
誠心、オーネット、ノッツェ、パートナーエージェント、IBJ、BIU、NNR、良縁ネット、茜会、マリックス、ゼクシィ縁結びカウンター、など結婚相手紹介サービス業を運営する事業者および連盟本部が加盟する。

注目は、会員構成。
かつて結婚相手紹介サービス業の業界団体や認証制度は、日本ライフデザインカウンセラー協会と結婚相手紹介サービス業認証機構など、複数存在しており、なかば対立の様相を呈していた。
今回発足した新業界団体には、かつての業界団体の垣根を越えた企業が加盟している。
また、新たに婚活事業に参入したリクルートグループも加盟企業一覧に名を連ねていることも注目だ。

新団体設立は、5月に発足した婚活業界団体「一般社団法人 結婚・婚活応援プロジェクト」発足と無関係ではないだろう。
ツヴァイを中心とした結婚相手紹介サービス事業者が、新興事業者を牽制する動きにも見える。

【参考資料】新たな婚活業界団体設立。「一般社団法人 結婚・婚活応援プロジェクト」http://kurabete.blogspot.jp/2015/07/blog-post.html )

婚活業界団体の今後の展開を、このブログでも、追いかけていく。

2015年7月17日金曜日

婚活事業者として、東証1部上場企業誕生!業界唯一

7月17日、株式会社IBJが東証1部へ市場を変更した。婚活事業者として、唯一の東証1部上場企業となった。


【参考資料】東京証券取引所 市場第一部銘柄に指定されました。|インフォメーション|婚活はIBJhttp://www.ibjapan.jp/information/2015/07/post-112.html )

2000年創業のIBJは、2012年12月6日、JASDAQに上場。2014年12月10日、JASDAQから東証2部へ上場市場を変更。2部上場から1年足らずで1部上場とした。

1部への上場は、厳しい審査基準が設けられている。また、審査基準を満たしていれば自動的に昇格するものではなく、企業が1部上場の意思決定をする必要がある。
今回の1部上場変更により、厳しい審査基準をクリアしたことによる社会的信用度が上がったのはもちろんだが、マーケットに対して事業拡大路線を明示したことになる。


 婚活業界、上場3社の軌跡を比較

IBJ、東証一部上場までの軌跡

2000年 創業
2012年 JASDAQ上場
2014年 東証二部へ市場変更
2015年 東証一部へ市場変更

ツヴァイとの比較

1984年 株式会社ツヴァイ設立
2004年 JASDAQ上場
2007年 東証二部上場

リンクバルとの比較

2011年 株式会社リンクバル設立
2015年 マザーズ上場